So-net無料ブログ作成
検索選択

天然姉さん [kids]

ここのところえいたの話が続いたので、
今日はあかねの話を。

外ではできる限り
「かわいい」「ちゃんとした」キャラでいたいらしい、
あかね姉さん。

20100502.JPG

でも、家の中では
えいたに負けてません。

変顔とか。

謎のダンスとか。

しかもあかねはちょっと天然なので、
普通の会話が異様に面白かったりします。


こないだも私のところに来て、突然


「ねぇママ~、象になりたい時ってさ、
 こ~~やって、鼻を伸ばさなきゃいけないから
 (と言いながら自分の鼻をつまんで引っ張る)
 痛いよね~。エヘヘヘヘ~♪」

と言って、笑いながら去っていきました。
象になりたい時ってどんな時・・・


昨日も、学校で拾ってきた謎の木の実を
うちの庭に埋めたいというので、
「じゃあここらへんに埋めたら~」と私が言うと

「でも横にある木がじゃまじゃない?」

横っていったって・・けっこう離れてるよ?
いったいどんな大木に育つと思っているのか。。


あ、そういえばこんなこともありました。

5歳くらいのときだったかな。
「こびと大百科」っていう本に
トイレットペーパーの端を三角に折るこびとが載ってたので
私がこっそり我が家のトイレのトイレットペーパーを
三角に折っておいたら、
それを見つけたあかねが「こびとがいるのかも・・」と怯えて
一人でトイレに行けなくなってしまいました。
でもすぐにネタばらしするのもつまらないので(←いじわる?)
数日後「実はママがやったんだ~」と教えたら
「やっぱりね~」と言いつつほっとしていたあかねさんでした。

こびととか妖精とかサンタとか、
常に「ほんとにいるのかなぁ」と考えているあかね。
私はいつも
「誰も見たことないなら、いるかいないかなんてわからない」
と答えてるので、余計に混乱しているようです(笑)

見えないものを否定するのって
つまんないと思うんですよねー。
なので答えは出ないままの方がいーんです。
あいまいでぼんやりしたことのなかで
いっぱい遊んで、
象になりたくなったら鼻をひっぱればいーのさ。
あぶない人にならない程度に(笑)
あかねワールドを広げてってほしいです。


こびと大百科―びっくり観察フィールドガイド

こびと大百科―びっくり観察フィールドガイド

  • 作者: なばた としたか
  • 出版社/メーカー: 長崎出版
  • 発売日: 2008/10/30
  • メディア: 単行本



nice!(1) 
共通テーマ:育児

nice! 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。